LOADING...

ファミール産院きみつ

Menu

今年の春の花粉飛散予測と妊娠中の対応2021.02.05

TOP今年の春の花粉飛散予測と妊娠中の対応

今年の春の花粉(おもにスギ)の飛散は、例年より少ないのですが、昨年が少なかったため、昨年と比べるとだいぶ多いと予測されています。

関東でも2月上旬から飛散が始まるようです。

日本気象協会1/20発表のページへ

妊娠中はうっ血性鼻炎の傾向となり、花粉症の症状は悪化することが多いとも言われています。

しかし、胎児への影響などを考えて薬も慎重に使わざるを得ません。

妊娠中の薬については、専門学会のガイドライン(※)でも、(西洋薬での)内服は勧められておらず、点鼻・点眼薬での治療が推奨されています。

※ 鼻アレルギー診療ガイドラインー通年性鼻炎と花粉症ー2020年版

また内服では漢方薬が以前から使われています。

当院でも、点鼻や点眼薬、漢方薬の処方はできますので、ご相談ください。

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.047-339-7033
診療予約Reserve